能登半島・九十九湾に面する百楽荘さんでは、カネイシの「いしり」を使った「いしり鍋」が好評を博しているそうです。

いしり鍋が好評を博しているお宿「百楽荘」

能登半島・九十九湾に面する「百楽荘」は風光明媚なお宿です

 カネイシ トップ

オンラインショップ

船凍イカ
伝統の逸品
魚卵製品
紅鮭、時鮭
能登の干物
加工製品(単品)
奥能登漁師秘伝の味詰め合わせの紹介)
FAXでのご注文
特定商取引法の表示
お買い上げに際して
商品紹介
ブログカテゴリ

船凍イカ
いしり・能登の魚醤
魚の糠漬け
塩辛
魚卵製品
鮭(紅鮭・時鮭)
能登の干物
詰め合わせ
能登の話題
「突撃取材!能登海洋深層水施設」
会社概要
アクセスマップ

お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
能登半島・九十九湾に佇む「百楽荘」

カネイシのある小木港の隣。日本百景に数えられる「九十九湾」
その高台に由緒正しき風光明媚なお宿「百楽荘」が佇んでおります。
このお宿が素晴らしいのは「そのロケーション」です。
この「能登」の素晴らしさを凝縮したお宿「百楽荘」をご紹介いたします。

*百楽荘さんにはカネイシの「いしり」をお使いいただいております
「いしり」を使った郷土食「いしり鍋」は百楽荘さんの料理の中でも
大変人気のあるメニューです。

お宿情報
能登九十九湾 百楽荘
〒927-0552 石川県鳳珠郡能登町越坂11-34
TEL 0768-74-1115 FAX 0768-74-1118
百楽荘公式サイト http://www.100raku.com/
mail-to      100raku-info@100raku.com

フォトギャラリー(画像提供:百楽荘)

日本百景「九十九湾」 百楽荘より九十九湾を望む

九十九湾(つくもわん)は入り江が複雑に
入り組んだ「リアス式海岸」です。昔、入り江の数が
九十九あるという所以から名付けられた名称です。

百楽荘からの眺め。晴れた穏やかな日には
遠く立山連峰を望むことができます
中心にあるのは九十九湾の象徴「蓬莱島」です。

乙姫荘は海の上の食事処 黒鯛,真鯛,大物が狙える「釣り桟橋」

メインエントランスからエレベータを使って下に
降りると洞窟のようなトンネルへ…そこを下ると
「乙姫荘」という御食事処に出ます。そこは
九十九湾の真ん前。海を間近に能登の新鮮な
海の幸を召し上がれる絶好のロケーションです

乙姫荘から外に出ると箱庭のような光景が目の前
一杯に広がります。敷地内に設けられた釣り桟橋
からは、運がよければ大物の黒鯛や真鯛
(40〜50センチ級)を仕留めることが
できる能登でも指折りの釣りスポットです。

潮風が心地よい百楽荘の客室 幻想的な雰囲気を漂わせる「洞窟風呂」

百楽荘の客室。窓を開ければ開放的な景色が
広がり、海の心地よい潮風が通り抜けます。
百楽荘では客室のリニューアルにも積極的で
半露天風呂付き客室なども御用意しております
(詳しくは公式サイトでご確認ください)

エントランスからの地下エレベータを降りて
左に進んであるのは「海洋深層水洞窟風呂」です
小木港の沖合より取水する「海洋深層水」を使った
お湯は肌に優しく、体の芯まで温まります。
洞窟風呂に隣接する露天風呂は、緑生い茂る
九十九湾の中にあり、心身ともに癒されるでしょう。

能登の味覚を最高のロケーションで召し上がれます カネイシの「いしり」はこちらでもお買求めいただけます

その味覚はまさに「能登尽くし」
能登の海幸、山幸は勿論、
能登の文化が育んだ独特の食材も
料理に織り込んでおります

カネイシの「いしり」を使った「いしり鍋」は
能登の代表的な風土料理で、召し上がる
お客様を唸らせる味覚との事です

売店には能登の名物が多く販売されております
中でも「いしり」は人気で「いしり鍋」を召し上がって
その風味に魅せられたお客様の多くがカネイシの
「いしり」をお買求めになられるとの事です


「いしり」詳しくはこちらを御覧ください
ホーム船凍イカ伝統の逸品魚卵製品紅鮭、時鮭能登の干物、加工製品(単品)奥能登漁師秘伝の味(詰め合わせ)いしりって何?美味しいイカ料理||FAXでのご注文会社概要特定商取引法に基づく表示アクセスマップ
お問い合わせリンク集サイトマップ店長ブログ(能登で水産加工品を作る男)
お買い上げに関して|浜のうまい話| 
「能登で非日常を…百楽荘」 「突撃取材!能登海洋深層水施設」

Copyright 2007 有限会社カネイシ All Rights reserved. 
〒927-0553 石川県鳳珠郡能登町小木18-6   mailto info@kaneishi.com
WEB担当 新谷 伸一   TEL 0768-74-0125 FAX 0768-74-1308

                            and special thanks to...九十九湾の宿「百楽荘」