カネイシ ロゴ

イカの町・小木より
能登の海産物を加工・販売しています。

文字サイズ
標準

カートを見る

MENU

イカの塩辛の作り方イカの塩辛の作り方

発売以来ご好評をいただいているカネイシの「イカの塩辛」
先代から受け継いだレシピをかたくなに守り、<合成保存料無添加>で作り続けています。
塩辛は、鮮度の良いイカを使えば、ご家庭でお好みの味に作ることも出来るんです。
今回はご家庭に適した分量で、カネイシ秘伝の塩辛の作り方をご紹介します。

原材料

  • ・するめイカ(石川県産) 10ハイ
    ※身・ワタの両方を使用します。
  • ・食塩 70~80グラム(目安)
    ※当店では「能登の塩(海洋深層塩)」を使用しております。
  • ・柚子 少々
  • ・唐辛子 少々

道具

  • ・まな板
  • ・包丁
  • ・保存びん

事前準備(ワタをとりだす)

手順

まな板にイカを置き、胴の下から包丁を入れて、開きます。胴からワタと足をそっと取り出します。

手順

足と身の真ん中に包丁をあて、イカの口(メガラス)を取り出します。

ひとことアドバイス
ワタを破かないよう、慎重に取り出してください。

手順

口を取り出した箇所から、ワタを包む部分をはがしてゆきます。ワタを破かないよう、慎重に取り出してください。

ひとことアドバイス
ワタは塩をひとつまみかけてキッチンペーパーで水気を取っておいて下さい。

手順

胴の部分から骨を外せば準備は完了です。

ひとことアドバイス
この後半干しをすると、いかの水気が飛んで仕上がりが水っぽくなくなります。

作り方

手順

身を食べやすいサイズにカットします。

ひとことアドバイス
カネイシの塩辛は皮付きですが、お好みで皮をむいてください。

手順

カットした身に塩をもみこみます。今回は、カネイシで使っている「能登の塩(海洋深層塩)」を使用します。

ひとことアドバイス
塩加減はお好みで調整してください。

手順

イカわたの中身を取り出します。

ひとことアドバイス
「黒作り」にしたい場合は、イカ墨も材料として活躍しますよ。

手順

刻んだイカとイカワタなどを混ぜます。

ひとことアドバイス
柚子と唐辛子の量はお好みで加減してください。

手順

混ぜた後は、1日1~2回かき混ぜて1週間前後なれさせて完成です。

保存方法

必ず冷蔵室で保存してください。10日間を目安に食べきってください。

イカがでしたか?

ご紹介しましたように、当社の「イカの塩辛」は、シンプルで保存料無添加の製法となっております。
保存料が一切含まれていないため、仕上がってからの賞味期限は約2週間~20日間となっております。
当社では、なれ具合によって味が変わらぬよう、注意を払いながら生産していますが、ご家庭では是非、お好みに合わせて分量や混ぜ方を調節して頂き、オリジナルの”我が家の味”づくりを楽しんでみて下さいね。

チャレンジ!

手作りしてみたくなった方は

鮮度バツグン!
塩辛づくりに最適

船凍イカ

船凍イカ

ご購入はこちら

当社も愛用!
おススメの味

能登の塩(海洋深層塩)

能登の塩(海洋深層塩)

ご購入はこちら

やっぱり

プロの味が食べてみたい!と思った方は

保存料無添加
こだわりの味

イカの塩辛

イカの塩辛

ご購入はこちら

併せて食べたい!

いしり風味 イカの黒作り

いしり風味 イカの黒作り

ご購入はこちら